これから、労働力という観点においてどんどんシンプルな仕・・

近い将来、私たちの労働環境においてますます単純作業…

将来的に、社会ではぐんぐんと短絡的な労働は機械に置き換わってそういう仕事をする労働人口はどう考えても縮小していきます。なぜかというと単純労働については、人間の手を借りるよりも機械で作業するほうが比べられないほど強いからです。数を数えたり同一の手順を繰り返すことは機械には何の苦もありません。人と違って不満を言わないし、疲れないし、不正行為をすることもないし、早いし均一だし、付け加えて、報酬が発生しないのも違いですね。このような観点から人間を使う意味がまったく無いので機械に置き代わるのも必然ともいえますね。

転職活動における最後に残る厄介な問題として、現在勤めている企業からの退職があります。

転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない難問として、今勤務している会社の退職があります。転職先の企業から採用の内定をゲットしたとしても、現在勤務している企業が退職を引き留めることもよくあります。そうなった場合、絶対に退職する、という強固な信念を保つことが大事でしょう。もしも引き留められて、一時的にとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。会社の規定をチェックし、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を用意しましょう。その後、決定権を持つ上司と談判し、退職を考え直す可能性はありませんと、(毅然とした態度で)伝えましょう。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動を成功させるためには必須です。

求人関連の情報では、多くの会社では月の給料が明記されています。

求人についての情報では、とうぜん多くの株式会社では月の給料が記載されているはずです。だけれどもこの月収を見る時には、しっかり確認する事が大切です。その額の多い少ないだけ見て判断しないほうが無難です。そのわけは場合によっては、月収の金額の中身に「毎月10時間の残業」が条件になっているかもしれません。何が問題かというと残業代の金額を入れることで魅力的な案件のように見せかけ、募集していることも珍しくありません。このほか、基本給プラス歩合給で、歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている会社もあります。ですから、そうやって応募者を増やそうとする会社には近づかないほうが良いでしょう。

自身のスキルや資格を活用しながら再就職をしていく場…

今の自分のスキルを活かしつつ、転職活動を検討する場合は、再就職し易い業界と難しいものを知っておいてください。再就職しやすい業界は、人材不足が社会問題にまでなっている医療や介護系の仕事が代表的といえます。看護師および介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。しかし、今「医療・介護」の仕事に従事していて、様々な事情により、他業界に転職したいと思っているなら、すぐに決断してしまわないほうが良いです。「医療」「介護」以外の大半の業界は、働き手の流動性は現業界よりも少なく、というわけで、簡単に考えない事が必要です。異業種への再就職を本気で考えるのであれば、他の業種ではなかなか厳しいものになると覚悟しておきましょう。

転職の面接でいるスーツの色合いについては、新卒の就・・

仕事の面接で着用するスーツの色合いは、新卒の人たちが就職活動の際にに着るカラーが一般的です。ですから、黒や紺色の暗めの色合いになります。それは転職のケースにおいても、着用していくスーツのカラーはこういったようなダークカラーが多く、他の色のスーツの人は圧倒的に少ないです。それ以外の色と言うと、まれにグレー系の人がわずかにいるくらいです。ほぼ黒や紺色のスーツが圧倒的に多いので、人事部から見ても多数を占めるカラーを着用している人の方が普通のように感じます。ですから、見た目の印象という点ではおすすめしたいのです。

もしも転職を考えているなら、事前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。

もし転職を考えているなら、先に資格を取得することでステップアップできます。とくに、転職活動を始める前の段階で、資格取得をしておくのがベストです。転職活動の際でそれを生かせるので、次の仕事も見つけやすくなります。そのため、資格取得するなら、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が一番最適といえます。あなたが将来を考え、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、退職後も後悔することなく前に進めるはずです。それに、資格を取得した後では、転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接で面接担当者に戦力になると判断してもらえ、今までより待遇が良くなる可能性が高くなります。

『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、その意志が本当に強いものであるな…

『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人で自身の意志が強いのであれば、退職したいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜかというと、このときに相談という形を取ると、言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、手を変え人を変え、結果的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞職したいことを当初、直属の上司へと相談したのが年度末で、数ヶ月働いて退職出来たのはこの年の11月です。本音を言うと、仕事の落ち着いた年度末いっぱいで辞めたかったです。スムーズにはいきませんでした。やっぱり会社にも人事の采配が必要なのは分かりますが、社員の意見を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでほとほと心の底から呆れてしまいました。

転職期間では、自分の好きなことに没頭することに加・・

転職先を探している期間中は、趣味に打ち込んだり、体力づくりを意識しておくとベストです。いざ仕事を再始動したとき、趣味に打ち込んでいたことで、無意識のうちに集中する力がアップしています。さらに体力づくりも同時にできているため、その場の社員さんたちと比べると疲れない体になっているということを自覚します。そんなわけで、退職してからの生活は、自分が興味のあるなことに集中することと、体力を落とさないようにするのが何より良い事なのです。勤め先が決まり、職場であなたと同じ趣味の方と出会えれば、親しくなれるきっかけになるので、気になったことにとことん時間を費やすのも転職期間中の時間の有効活用となります。

転職を度々しないための方法が一つだけあります。

転社を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的に成長すると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。今現在は、インターネットがあるので精神面を鍛えるのには良い情報は容易に拾えます。加えて、転職とは違う行動をすることも精神面を鍛えられます。それは、ズバリ海外に行くことです。海外旅行に行くと、文化も生活習慣も違うことばかりなので、大きな刺激を常に得られます。なので、帰国後変化があるのです。帰国すると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。この状態のまま面接に向かえば、今までの面接とは違って自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。しかし、退職して間もない頃は精神的に弱くなりがちなので、元気になるまで休みましょう。

昔務めていた会社でつらく当たる上司に困惑してしまい…

新卒で採用された会社で感じの悪い上司に悩み、とうとう我慢の限界を超えてその会社を退職し、他の同業者の企業に乗り換えました。転職先の会社ではパワーハラスメントもなく本当に満足した毎日でしたが、緩やかに会社の売上が悪くなり、とうとうある会社に経営統合されることになったのです。そしてその統合した先の会社がなんと前にいた会社で、おまけに大嫌いだった上司がもう一度私の上司になることになりました。まったく困ったことになりましたが、なんでこんな縁があるのでしょうか。言うまでもなくもう一度転職活動を始めようと思っています。

タイトルとURLをコピーしました