一昔前の求人誌に雇用側が求める人材の「性別」がもれなく明記されていました。

今までは求人誌には、募集要項の中に「性別」について…

以前の求人誌では、雇いたい人の「性別」まで当たり前のように書かれていました。ですが現在では、男女雇用機会均等法によって、雇用時、男女差別があってはならないという決まりになり、応募条件内に男女の性別を記載しないようになりました。けれど、募集情報を出す企業側は、男性・女性のどちらでも良い、とは内心では考えていません。現実に、男手が必要とする案件に女性の採用希望者がやってきたり、女手が必要なのに男性が応募してくる、といったトラブルも無関係ではありません。もしも、「女性が活躍できる仕事場です」といった内容の案件は、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と解釈しておいた方が確実でしょう。

違った会社に入りたいと転職で活動している場合は「ちょっとでもはやく・・

新しい企業の社員になりたいと転職希望者の場合には「ちょっとでも早く、採用通知を手にしたい」と思いがちです。しかしながら、そのために内定通知を得たいばかりに、自分自身の能力を必要以上に大きく見せたり、またその逆で過小評価するかのような言動はなるべくよしましょう。大事なのは焦る気持ちはこらえて、冷静になりつつ、自分の能力にあった職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。これまでの経歴が生きるように、自分のライフスタイルにも合った転職先を賢く選んでみてください。

求人に関する情報を見る際、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人は、…

求人に係る情報を見る場合、例えば、デスクワークがしたいからと、製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そうした人には「製造業は製造マンの求人だけだ」と誤解している可能性が高いです。実際に、製造業の求人であったとしても、製造マンだけでなく経理、総務などの従業員募集から、購買、営業管理といった「事務系」の仕事がたくさんあります。でも、製造業の仕事場自体、オフィス街のような雰囲気はないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその点がデメリットに映る人もいるかもしれません。でも、自らのこだわりを捨ててみることで意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。

数ヶ月ほどまえに、転職したばかりなのに、わずかしかたっていないの・・

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりというのに、数ヶ月しかたっていないのに退職してしまうケースがずいぶん少なくないのです。何故そうなるのかと思うとおそらく良い仕事環境に飛び込んだものの、「想像していた職場とかなり違っていた」「職場の雰囲気が受け入れられず・・」と考えてしまって別の仕事を探すことが多いようです。でもこのような失敗を後悔しないためには、やはり、前もっての情報集めはまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内のルール、通勤に掛かる時間、など多角的に調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

万一転業の決めたのであれば、会社には内密にそれを伝え・・

例えばあばたが、現職からの転身を決断したのであれば、あくまで社内の人間にはそれを言わないように、うまく転職活動していき、転身先が決定していないのなら、なるだけ周囲に悟られないよう通常通りに業務をこなしていくのがもっとも利口です。転職先が決まっていない間、その点を心にとめておけば、万が一希望に沿う転職先を容易に見付けることができなくても、転職時期を持ち越しながら、今の仕事をし続けても容易にできます。でも軽率に、「転職するつもりでいる」と口にすると、周りはそれを受けた態度を取り始めます。しかも会社内で「辞めるつもりです」と言った場合、同僚からは「あいつは転職する人」という位置づけになります。そのようなシチュエーションになってから、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と手のひらを返しても、会社内の人たちは、「一度は退職しようとした人」ということで在籍中は、身の置き所がないと感じる可能性があります。

転職先を選ぶ際、言うまでもなく仕事におけるやりがいのアップと一緒・・

転職先を探すにあたって、仕事のやりがいアップと一緒にさらに給料が増えることも大切なポイントになりますから「年収サイト」というところに登録して事前に研究をしています。全く同じ会社でそして同じ職種、経歴であるのに人によって広い違いがあることも多くあり、ぶっちゃけた話面接の時質問をしたことがあります。面接をした人も一緒のサイトを見ていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人についてだいたいは察しがついているのですけどね、多分見栄ををはっているのでしょう。低い方の年収だと思ってください」とのことでした。

転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。

転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。安倍総理が主導する現政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった経済政策が次々と打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀による金融政策と相まって、財界や民間企業間では新時代となる変化が顕在化しつつあります。それもあって民間企業のあいだでも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」が深刻化しています。なお、「外国人労働者」の比率を高めていくと安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、こうした変化のなかで国内の雇用や転職状況にも、大きく変わっていくはずです。

将来に目を向け、楽しく過ごしつつ、再就職ができれば…

将来に目を向け、楽しい気持ちを持ちながら転職と向き合うことで、精神的な重荷を抑えられるので、転職期間中の堕落も回避できます。しかも精神的な箇所が健やかな状態であれば、すぐ、転職先も見つかるはずです。一番良いのは、やはり、ブランクを設けないで新しい職場に飛び込むことが大切です。今の仕事を辞めずに次の仕事を見付ける形がベストでしょう。それに、間をおかなければ退職後もすぐに働けます。そうすると、仕事をしていない空白の期間がなく、履歴も傷がつきません。要するに、再就職の際に不利になることがないということです。将来を踏まえながら、円滑に転職活動を進めていきましょう。

「シフト制」のある仕事についてです。

これはシフトの仕事に関する話なのですが、一定の曜日に勤務できる人を募集する求人をよく目にするのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの提出方法や休む手順については、面接の際に確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、私は以前産休で抜けた人の穴埋めとして、正社員として入社したのですが、私のシフトが「土日」固定となるシフトで、新入社員の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った女性が「土日」に必ず出勤することができたので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフトを変わってもらうときは、職場の先輩たちに「日曜日に休みたいのです」と自ら依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?思い返すと「本当によく耐えた」と自分でも驚きです。

生まれて初めて失業保険をもらう場合、じっとしていれば給付されると考えている人が…

生涯初の失業保険を受けるケースでは、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人が大多数ですが、それは誤解です。実際は、失業保険の給付を受け続けるためには、求職活動を行っている必要があり、さらに、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月間隔で職員に求職活動の状況をきちんと説明して真摯に就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月、保険が給付されるシステムです。一方、「この人は就職活動を全くしていないぞ」と判断されたり、毎月のスタッフとの面談を欠席した場合は、ルールとして給付を一時的に止められたり、場合によっては以降の給与資格をなくしかねないので、そうならないよう注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました