以前は求人情報には、募集条件の中に「性別」につい・・

かつては求人誌に雇用主が必要とする「性別」につい…

以前の求人情報では、「性別」がもれなく記載されていました。しかしながら現在では、男女雇用機会均等法の施行によって、男女の求人・採用差別をあってはならないルールとなり、求人情報の詳細に「性別」が記載されなくなりました。そういった時代になったのですが、求人する側には男性・女性のどちらでも良い、とは内心では考えていません。ですので、実は男手を希望の案件に募集に女性がやってきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性が応募してくる、というような問題に悩まされるないとは言い切れません。もしも、「女性が活躍している職場です」とアピールする案件では、雇用主が「女性」を必要としている、と読み取ることがべきです。

違った会社に入りたいと転職活動をしているとき、「ほんのちょっとでも早く…

今と違った会社の社員になりたいと転職活動をしている中の場合には「少しでも早く内定がもらいたい」と思ってしまうものです。でも、それで通知が欲しいばかり、自身の能力を必要以上に大きく見せたり、また対称的に自分を過小評価につながる売り込みをするのはゼッタイに避けましょう。焦燥感をブレーキを掛けて、落ちついて自分の能力にあった職場を探すことに集中しましょう。これまでの経歴が生きるように、自分のライフスタイルにも合った転職先を賢く選択してみましょう。

求人に係る情報をチェックする折、オフィス系の仕事がしたいからと、…

求人に係る情報を見る場合、例えば、「デスクワークがしたい」という人ほど製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そういった人の多くは「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と勘違いしているケースもあります。現に、製造業の求人であったとしても、製造マンだけでなく総務・経理と言った従業員や購買や営業管理等の事務系の部門も多数あるのです。でも、製造業の職場はビジネス街から距離があります。そのため、その箇所がマイナスと思うかもしれません。でも、自分のこだわりを捨ててみることで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、選択肢に入れてみてください。

数ヶ月ほどまえに、転職したばかりだというのに、少ししか仕事もしてないの・・

ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、慣れもしないあいだに退職してしまうケースがなんとなく多かったりします。何故かと思うとたぶんリフレッシュな気持ちで自分自身に合った仕事を手に入れたはずなのに「自分の想像していた職場環境とだいぶ違っていた」「職場の雰囲気が受け入れられず・・」と考えて退職を決意するのだとか。できればこのような失敗をしないためには、初歩として、情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場環境、昇給システム、などいろいろチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

一度、現職からの転職の意思を固めたなら、周囲にこっそり・・

現職からの転業を決意したのであれば、あくまで周りの人間にはその気持ちを伝えずに活動を進めていき、転身先が決まらないうちは、できる限り周りの人間に悟られないよう普段どおりに振舞うのがもっとも良い形といえます。現職中、その状態でいれば、最悪の場合条件に沿う転職先が簡単に見付けることができなくても、転身の予定を延ばしつつ、現職を続けても容易にできます。そうではなくて、迂闊にも「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、会社の人間は、その言葉に合わせた応対を取るようになります。それに辞めると一度言ったら社内では一気に「あの人は退職する人」と受け止められます。そういったシチュエーションのあとで、「やっぱり退職しないことにしました」と釈明しても、周りの人は、「一度は仕事を辞めようとした人」といった目であなたを見るので、仕事中ずっと、肩身の狭いと感じる可能性が高いです。

転職をするなら、当然仕事のやりがいのアップと共に加え・・

転職先を決めるとき、むろん仕事のやりがいアップも大事だけど加えて給料が上がることも大事なポイントになりますから「年収サイト」というところに登録をして事前に調べています。一緒の会社で加えて同じ職種、社歴なのに人によって無視できないほどの違いがあることも少なくなく、ぶっちゃけて言うと面接時に質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトを見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた者も誰なのかだいたいは予想できるのですが、多分見栄をはってるんですよ。低い方の年収で心づもりしといてください」とのことでした。

昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。

政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について、今の安倍内閣ではアベノミクスや「三本の矢」などの経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した経済政策共々日銀の金融政策と、たがいに作用しあって、財界・民間企業側からも今までとは違う社会的な変化が増加しつつあります。その余波を受け、企業のあいだでも若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人員不足」がかなり深刻化しています。最近では「外国人の労働者」の総数を増やして人材確保に務めていくであると現政権は宣言しています。日本国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化によって国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。

楽しい気持ちを持ちながら転職と向き合っていけば、精神的な負担が減るので、…

楽しみながら再就職に向けての転職活動と向き合うことで、メンタル面での重荷も少ないので、転職期間中の堕落も避けられるはずです。しかもメンタル面が良好な状態のままであれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つけられるはずです。そうするには、やはり、休職期間を作らずに新たな勤め先を見付けることが大事です。今の仕事を続けながら、転職探しをすることが、理想です。しかも、ブランクをつくらなければ今の仕事を辞めたあと、すぐに働けます。そうすると、職歴にも空白期間ができることがないので、履歴書にもキズがつかなくて済みます。すなわち、転職の時に不利になることがないということです。今後のことを鑑みながら、円滑に転職活動を進めてみましょう。

これはシフトの勤務形態がある仕事についての話です。

これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。一定の曜日に仕事できる人を募集している求人をよく見るのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの提出方法や、休む方法の詳細を事前に確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、私は過去に、産休で休む人の助っ人として、正社員として仕事をすることになったのですが、そこが「土日」固定のシフトで、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。前任の女性が土曜、日曜に必ず出勤できる人だったので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。なので「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変更してもらう必要があり、同じ部署の上司に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。今思えば「よく耐えた」と自分でも驚きです。

生涯初の失業保険を受けるケースでは、じっとしていれば受け取れると考えている…

はじめて「失業保険」をもらう場合、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人が大部分ですが、それは誤解です。本当は、失業保険をきちんと受け続けるためには、求職活動を行っていなければならず、それに加えて、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月スパンでスタッフに就職活動の状況をきちんと説明して真面目に仕事を探していることを信じてもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。仮に、真面目に就職活動をしていないと判断されたり、毎月の職員との面談に参加しないときは、アッサリと給付をストップされたり、酷い場合は以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、そうならないために充分に気をつけてください。

タイトルとURLをコピーしました