全く経験のない業種などに転職したい場合には、前の会・・

全くの初挑戦となる業界などに転業したいと考えている場合には…

全くの初挑戦の業界などに転業したいと考えているときには、自分が以前の職場で身に付けたスキルや経験したことが生かせるという内容のアピールがいるようになります。その分野で働いたことがない人は経験のない分だけその業種で経験してきた人たちよりも不利な状態になりますけど、自らが保持しているスキルがそこで十分に生きるということを相手に話せれば、戦うことができる場合も考えられます。そのため、経験が全くない業界にチャレンジする場合は、その業界と自分が今までやってきた職務とのかかわりを可能な限り発見しましょう。

転職することを成功させたいのなら、事前に意味のある情報を収集することをしておきましょう。

転職することをスムーズなものにするには、最初から情報を収集することを徹底してみましょう。それにはこの頃はどんなに中小零細企業の意地でか公式ホームページで会社のことをわかるというのがたいていだから、ネットで気になる点を手に入れるとまた疑問等を整理しておくと良いでしょう。公式サイトに加え、「転職サイト」を利用するのも有りだと思います。さらに、インターネット以外の方法として、何よりも転職候補にしている職場を自分の目で判断してみましょう。

一昨日仕事を探すために人材会社へと登録に行きました。

3日ほど前転職先を見つけるために人材バンクへ登録を行いに行きました。そのとき私のカウンセリングのために現れた担当の方が見た感じ入社間もない新入社員で、こちら側が説明していることの5割も彼はわかってはいない模様だったのです。にもかかわらず「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「自分の強みをはっきりと知るべきです」等、わかったふうに偉そうにのたまうのでとてもイライラしました。カウンセリングをする人は多少は仕事の経験がある人にしてほしいです。

派遣社員として働いています。派遣法の関連で残念で・・

派遣で働いています。派遣法や労働契約法の関連で否応なく、ずっと働いた企業での仕事があと数か月で終わります。同じ派遣の人の中には、派遣の勤務先から正社員の条件を獲得した方もいるのですがその理由としてははっきり言って仕事の腕とは関係なく派遣先の上司へのごますりがうまくてお引き立てがあったよう。テクニカルスキルよりおじさん転がしスキルが大事なんじゃないのと選考に漏れた派遣仲間の同僚と派遣先の会社で愚痴を言う日々です。

新卒採用で入社した会社を退職し心を改めて転職を決意しました。

新卒採用で入った会社にさよならをして悩んだ結果、転職すると決意しました。会社を辞めた後は、人生でもっとも悩み、不安な気持ちになりました。しかし、社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用で働いている人がほとんどだということを私自身が会社を辞めたことで痛感し、いつの間にか悩みが消えて、気持ちが楽になりました。なにより転職をしたことで何か、肩の荷が下りる気持ちを実感し、「自分のやりたいこと」が再確認できて嬉しくなっていきました。いまだに「仕事を変えるのは良いことじゃない」というような転職を否定する意見もありますが、それが正しいとは限りません。私の場合、転職を経験して良かったと思います。

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。面接担当者から「転職理由をお聞かせください」といった形で、必ずと言っていいほど訊かれます。この時、どれだけあなたが間違っていなくとも、前の職場の働く環境や人間関係に関しての愚痴ともとれる返事は、できる限り話さないほうがいいでしょう。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用される可能性を逃してしまうことになりかねません。そのため面接では「ポジティブ」な返答に徹するのが正解なため、たとえば「新しい職場では自分の能力を十分に発揮し、会社の成長をサポートできればと思っています。」のように仕事に対して前向きな受け答えが良い成果につながります。

再就職の前に、今働いている会社の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまう…

転職することが、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、雰囲気が一変するかもしれません。普段から良好な場合であれば、これまで通りに行くこともありますが、妬みなどから意地悪されることもあります。それだけでなく、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、軽率に転職のことを周囲に言うのはお勧めしません。そのような状態を避けるために、今の職場では、いたって真面目に振る舞いましょう。そうしておけば、良い空気をギリギリまで残したまま、心置きなく仕事を辞めることが出来ます。また、円満退職となったなら、転職後、困ったときに相談できるチャンスも手に入るはずです。業種や規模に関係なく、どこの企業も、人とのつながりが大事なので、転職前のトラブルには警戒しておきたいものです。

転職活動をしているなら、良いと思える求人(業種)を見つけた際・・

転職活動をするのなら、良いと思う求人(OR 業界)があれば、忘れず「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで調べておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントでは、その業界に関するマイナス面などは知ることは不可能です。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、インターネット検索で瞬時に多くの事例に触れられるはずです。そうした現実を知らずに会社に入ると、あとになって入ったことを後悔してしまうおそれがあります。その求人が出されていた理由が「業務内容がキツく、人がすぐに辞めてしまう」という場合も多くあります。気になる業種や案件に関しては、疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

看護師という仕事の人のほかの職業に転職する理由は一人ひとり違います。

看護師でありながら違う仕事に転職を決断するキッカケは、一人ひとり違います。ちょっとみると看護師を辞めての転職には「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚してから家庭環境の変化によって出産それから子育てそれから親の介護など、いろいろな環境の変化など、これまでと同じようには働けなくなってしまった」「収入に大きな不満がある」といったような理由があり決して他人ごとではないはずです。でも、転職を実際に決断するまえに、「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、改めて沈着冷静に再度、現状認識をしてみることも大切なことです。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考したのち、決断してみましょう。

「転職エージェント」は、一度登録すると、電話やメールでの連絡が呆れるくらい来ます。

転職エージェントは一度登録すると、電話・メールで呆れるくらい連絡が入ります。これに対して初めて利用した人はかなり驚くケースが多々あります。転職エージェントは転職をサポートすることが仕事だと考えられるので、とても積極的な姿勢でいます。大手エージェントは、転職を成功させることによって企業から報酬が支払われる仕組みのため、転職活動をしている人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが少なくありません。その上転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定が取れるとすかさず、「入社されてはどうでしょうか?」と説得してくることも多いです。自身の希望や意思を明確にしておき、安易な妥協をしないように気をつけておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました