再就職の面接での身なりは会社側からクールビズで来てくださ…

再就職の面接においてクールビズでも大丈夫ですよと伝えられる場合もあるようです。です…

再就職をする際の面接での身なりはクールビズでお越しくださいと書いてあるケースもあるようです。ですが、クールビズで赴くのは本当は良くないのでは?と思ってしまいます。クールビズの悩みを懐に抱えている方にアドバイスしておきたいのは、クールビズで来ても良いとされた面接は伝えられていることを素直に聞き入れたほうが確かです。悩みすぎてしまい、暑い季節にしっかりとスーツを着用すると逆に不自然ですから、クールビズでお越しくださいと伝えられたらクールビズで大丈夫なのです。

転職活動を行う場合、「履歴書」「職務経歴書」の2点が必須となります。

転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書を準備することが必須だと考えられています。ほとんどの会社が履歴書や職務経歴書に書かれている内容を見た上で面接するかどうかを判断するため、この2枚の書類の作成が重要なポイントになってきます。ただ文字を書きさえすればいいというわけではなく、内容を充実させることが重要です。「職務経歴書」では、過去に経験してきた職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を書き出します。さらに、現職の社内で挙げた実績を、例をあげれば残業時間を何時間減らしました、など明瞭に記してみましょう。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、転職エージェントを活用したり、文章をチェックしてもらったりして自分のブランディングのために活用をはかることも転職を成功させるための一つの手です。

転職活動を行う場合、いろんな手段で情報を集めることが多いと思います・・

転職する際は、いろんな経路で情報を得ることが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトは利用しないと損です。以前、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせでそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、別の視点から見れば、口コミの内容が嘘であれば、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。しかし、本当のことが書いてあるので会社側としては、「周囲に気づかれたら恥になるから、急いで炎上をしずめよう」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数がアップしたり、サイトの存在感を示せるチャンスになるので黙認していますが、悪い内容の口コミがかなり多いということは、それだけ入社してからトラブルに遭遇する心配のあると判断して問題ないでしょう。そもそも、本当に善良な会社であれば煙も立ちません。

転職した場所では、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい職場(転職先)では、すぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、入社した初年度は、ほとんど「試用期間」が含まれているというのが少なくありません。私の場合はなんとか転職したというのに、なんと以前の会社での年収とほとんど差がありませんでした。そればかりでなく、業務内容はきついうえに、責任重大な立場でもあったので、一年目を乗り切るのにひどく骨が折れました。そういった経験を踏まえると、転職1年目は、仕事を覚える期間と割り切り、できる限り転職以前の段階でお金をためて備えておくべき、と痛感します。

生まれてはじめて転職を行う場合、なぜ現在の仕事を去るのかにつ…

最初に転職を行うのであれば、気を付けるべきことはなぜ現在の仕事を去る必要があるのかをクリアにしておくことだといえます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておきましょう。その後問題改善ができる会社を決定していくのです。転職活動は、学生時の就職活動とは性質が大きく異なり、今の仕事を継続しながら就職活動を続けることから、時間と体力を消耗します。それがために理由がはっきりとわからないまま転職活動をしてしまうと、途中で息切れしてしまうおそれがあります。「どうしても転職したい!」「現状を変えたい!」という強固な気持ちがなければ、転職活動の開始はやめておいたた方がいいでしょう

転職を、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方…

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人にチェックしていただきたい点が複数あります。まず派遣業務については、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」などの仕事内容をなんとなく想像してしまう人がおそらく多いとは思います。本音を言うと私自身も現在の会社に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「電話対応が主な業務」と直接派遣会社からも説明も受けてました。でも、実際に業務に掛かると、まさか「電話対応」にプラスして、欠員した正社員の穴埋め役を指示されました。何をしていいのかもよくわからず、入社前の説明とは異なる内容ばかりなので日々全くわからないような内容でしたので、今は、ひたすら「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。

雇用期間中は、状況が許す限り、バレないよう(私の例です…

在職中には、なるべく会社内の人にバレないように(自身の例ですが)前職中に「転社するかも」という考えのみはじめのうちに周りの人に言ってみたことがあります。しかし、その後求人サイトを必死に見て回ったものの、結局働く先も転職時期すら何一つ決まらないまま、ダラダラと時が過ぎてしまい、会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、私の退職日などが確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」といった、お粗末な事態になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験したのち、次の就職先を探すことになりました。

これは兄の友人から聞いた話です。

こういう転職というのは友達から聞いた話です。新卒の際にどうしても働きたかった憧れの対象であるA社の最終の面接で不採用となり、それから後嫌々ながら他の会社に就職しました。その後2年経たぐらいに派遣の求人サイトでたまたまA社の紹介予定派遣の求人を見つけることができ、じっとしていられなくなり当時の会社を即退職し、A社で派遣の勤務を開始、思い切った行動ですね。死に物狂いで頑張ってその先予定通りにA社で正社員になり、現在は仕事のやりがいを持ちながらいきいき働いています。

転職をするとき、まず第一に求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを見たり…

転職活動をするいあたっては、事前に求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを閲覧したりして気になる会社を調べるでしょう。しかしながら、当該会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントからアドバイスを受けていることが少なくありません。コンサルタントは、会社にマイナスとなる情報を隠すプロでもあります。たとえ公開するとしても差しさわりのない表現をします。その類の社長の方針や社員の感想については、額面通りに捉えるのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。心地よいフレーズを鵜呑みにしてしまったら、期待していたことと全く違うと後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、いろいろとイチャモンをつけて会社を辞めれないように仕向けてきます。この種のブラック企業には気を付けましょう。

自分自身の好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている方は注意です。

自分の趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと思っている方は注意が必要です。これは、私が経験したことなるのですが、私は、食べることが本当に大好きだったのですが、それが高じて、前に、料理店で働いていた期間があります。そのお店での仕事内容は、そのレストランで私が担当していた業務内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この業務内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しんで仕事ができていました。けれども、人間関係のいざこざで嫌になってしまったのです。ということが引き金になり、職場を去ることにしたのですが、それと同時に、あんなに好きだった食べることやその飲食店でメニューとして提供していた食べ物すら嫌になり、よく似た飲食店はしばらく経った今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。仕事に就いたばかりの頃は、好きだった店が嫌いになってしまいました。得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと思い、それを実現させることはステキだと思います。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、まじめに見直す必要があります。

タイトルとURLをコピーしました