昔の求人情報に募集要項の中に「性別」が、明確に記載されていました。

かつては求人誌には、性別が書かれているのがほとんどでした。

以前は求人情報では、雇用主が必要とする「性別」について、記載されているのが一般的でした。しかし現在では、男女雇用機会均等法が施行され、採用において、男女の差別がないようにしないといけない事となり、募集要項に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。ですが、求人募集をしている会社は、男性・女性どちらでも平等に雇用するとは限りません。ですから、本当は男性希望の案件に女性の採用希望者がやってきたり、女手が必要なのに男性がエントリーしてきたり、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。例えば、「女性が活躍する職場です」とアピールする案件では、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と捉えておく良いでしょう。

新しい職場につきたいと転職をする活動中の大半は、「一刻も早く…

いい会社の社員になりたいと転職希望者の場合には「ちょっとでもはやく、採用通知がほしい」と思っているはずです。ただ、それで内定通知を得たいばかりに、自分の能力に関して嘘をついたり、また対称的に安売りするようなマネはゼッタイに避けておきましょう。焦る気持ちをぐっと抑えて、冷静かつ客観的に自分にピッタリな職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経験が活かせるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる職場を選択してみましょう。

求人に係る情報をチェックする折、デスクワークが希望だからと・・

求人情報をチェックする場合、例えば、オフィス系の仕事がしたいからと、はなから製造業をスルーしてしまっていますが、そういったことをしている人は、「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と勘違いしているケースもあります。製造業の求人でも、製造マンだけでなく経理、総務などの従業員募集から、資材、購買、営業管理などの「事務系」に属する役職も多数あるのです。ですが、製造業の勤め先はビジネス街でないのでそういった点が受け入れられないと思う人もいるでしょう。だとしても、自分のこだわりを捨てることによって素晴らしい人との出会いによって、将来をより良いものにしてくれる可能性もあるのです。

ついこの間、転職したばかりだというのに、早期に退職してしまう人という…

少し前に転職をやっとしたばかりだというのに、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまう決意してしまう人がとても多かったりします。何故かと考えてみるとおそらくリフレッシュな気持ちで新たな仕事を手に入れたはずなのに「想像していた職場と違っていた」「こんなはずが・・・」といった感じで退職を決意することが珍しくないといいます。でもこのような、転職に関しての失敗を繰り返さないために、初歩として、前もっての情報集めはまじめにやっておかなくてはなりません。職場内のルール、具体的な業務内容、などいろいろ前もってチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

一度あなたが、転業を決心をしたのであれば、一緒に働く人…

もしもあなたが、転職の決断したなら、まったく会社の人間には内密にそれを悟られないように、首尾よく活動を進めていき、現職にいるあいだは、社内の人間に知られないように平常通りに業務をこなしていくのが利口です。転職先が決まっていない間、その点を心にとめておけば、仮に転職先探しがすんなり見つからなくても、転身を先延ばしにしながら今の職をそのまま続けることもトラブルがありません。そうではなくて、思わず「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、社内の人間は、それを受けた態度を取り始めます。また周囲に「辞めるつもりです」と言ったが最後、「あの人は退職する人」と受け止められます。そういったシチュエーションのあとで、転職したい思いがなくなり、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、「一度は辞めようとした人」といった目であなたを見るので、在籍しているあいだ、立場が悪くなる思いををするリスクが高いです。

転職先を選ぶとき、言うまでもなくやりがいのある仕事か考えることも重要だけ…

転職先を選ぶ際、言うまでもなく仕事のやりがいアップと一緒にそれに加えて年収が上がることも大事なことなので「年収比較サイト」に登録して前もって研究しています。全く同じ会社でそして全く一緒の職種、経歴であるのに人によって大きな幅がある場合も複数あって、ぶっちゃけて言えば面接時に質問したことがあります。面接をした方も同じサイトをチェックしていたみたいで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人も誰だかある程度は予想がついているのですが、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の年収で心の準備をしておいてください」とのことでした。

政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について…

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、「アベノミクス」や三本の矢で経済政策が次々と打ち出されています。経済政策ともに日銀による金融政策と相まって、財界・民間企業側からも今までとは異なった変化が増加傾向にあります。そういった変化が加わったせいか、民間企業の側でも若い世代の減少と現役世代の大量退職による人手不足が深刻化しています。最近では外国人労働者を現状以上に高めていくつもりでいると安倍政権は語っています。外国人労働者の増加に伴い、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした変化のなかで日本国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響が出てくるはずです。

将来に目を向け、楽しく再就職と付き合っていけば、メンタル面での重荷も少ないので…

将来に目を向け、楽しんで再就職と向き合えば、メンタルに負担を感じることもないので、転職先が見つかるまでの間に堕落はしないですみます。また精神的な部分が元気なままでいれば、割と早く転職先も見つけられるはずです。最良なのは、休職期間をつくることなく転職先を見つけることが重要です。現在の仕事をしながら、次を見付ける形がもっとも良いです。おまけに、休職期間をなくすことで、仕事をやめても、すぐに働けます。こうすることで、仕事をしていない空白の期間がなく、履歴への影響も回避できます。すなわち、転職の時に不利になることがないということです。今後を踏まえて、うまく転職活動を考えていきましょう。

これはシフトのある仕事についてです。

「シフト制」がある仕事についての話です。毎週、決まった曜日に働ける人を募集している求人を結構見ますが、もし、応募しようと思っているならシフトの提出方法、休む方法については、事前にチェックしておくべきです。それはどうしてかというと、以前に私自身が、産休で抜けた人の助っ人として、正社員の仕事についたのですが、そこが「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。前任の方が「土日」に必ず出ることができたので、私もそのような人と思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフト変更の必要があり職場の先輩たちに「代わりに出ていただけませんか?」と自ら交渉しないといけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?思い返すと「本当によく耐えたな」と。

はじめて「失業保険」をもらう際に、じっとしていれば給付されると考えている人・・

生涯初の失業保険の給付を受けるケースでは、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人がとても多いですが、それは誤解です。実のところ、失業保険を希望通りに受け取るためには、仕事探しを行っている必要があり、加えて、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月スパンで職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、「この人は、きちんと就職活動をしているな」と判断されれば、翌月、保険が給付されるシステムです。その真逆に、真剣に就職活動に取り組んでいないと思われたり、毎月のスタッフとの面談に顔を出さない場合は、ルールとして給付を一時的に止められたり、酷い場合は以降の給付資格を失うことになるので気をつけてください。

タイトルとURLをコピーしました