時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を迎えた…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、契約期間を過ぎ…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を迎えたら好きなタイミングで辞められるわけではないと転職活動を通じて学びました。結婚した後、生活が落ちついたら、早く子供がほしかったので、子供ができるまでと思いだいたい1年半~2年くらい現在の部署でそのまま仕事をしたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員としてだったので、月収は安かったですが仕方ないので時間的な融通を得たかったので、あえて選択しました。しかし、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちの大半のスタッフが10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。結論として派遣社員を選択したとしても、契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、この先どうすべきか、とても困惑しています。

今日、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外に…

近頃、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングを専門に行う会社もたくさんあります。特許権を取得した経験のある人は、連絡が来やすくなります。彼らは、特許申請を行った人だけでなく、研究開発で論文を書いた実績のある人や、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など何かで有名な人をターゲットに、電話・メールで接触し、ヘッドハンティングのためのネタとしています。もしも、あなたがヘッドハンティングと疑われる連絡があったときには、心当たりがないか考えてみましょう。かなりレアなケースでは、ヘッドハンディングと言いながら、登録料を要求してくる業者もありますが、その手の業者はたぶんイカサマであるので騙されないように注意しましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を出すことはまずありません。

多くの場合一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため・・

大きな会社は定期採用中心です。ですから、転職で入る事は容易ではありません。それに、地方では転職の確率がとてもきびしくなります。ただし、製造業の会社に関して言うと、都市部でない地方の工業団地を工場展開している事もよくあります。そういう場所では、事業分野の拡大などの際に途中採用することも珍しくありません。そういったタイミングを利用して転職するのも悪くないでしょう。そのためには、地方の工場に転職したいと考えているなら、転職を希望する企業についての予備知識を得ておきましょう。その企業のホームページを覗いて、人員募集の予定がないかちょこちょこ確認してみてください。

転職時に比較的重視されるのが間違いなく「面接」です。

転職する際、かなり重要視されるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。大半、面接の際は面接担当者が当人に対して転職理由や仕事の意気込みなどいろんなことを尋ねられると思います。そしてほぼ100%、一通りの質問と説明が終わると、転職希望者から、面接担当の人へ不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。面接官側が、「我が社について何か疑問点はありませんか?」と。この手の質問が来たときは、面接者本人が緊張状態で、慌ててしまうと思います。そうならないためにも、前もって面接官からの質問を想定し、聞きたいことを準備しておくことをお勧めします。冷静に考えてみればいくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、試してみてください。

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業中であることが給付のため必要ですが、…

失業したときに給付される失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、給付される期間が決まっています。それまで勤務してきた期間に応じて変動し、90日とか120日とか決められるのですがなんとこういった現実を知らない人が一定数います。失業中である限り給付されると勘違いして失業保険で食べていけばいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間の最後1か月になった段階でようやく自分の勘違いに気づき焦りつつ就職先を探し始めてもうまくいかない可能性は高いでしょう。会社の面接官も無能では無いので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」といった内容はだいたいバレると思っておくべきです。場合によっては、そういった質問をされるキケンもあります。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、まず受からないでしょう。

近時は、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり・・

今日では、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件関係の取り締まりが厳しくなったり、悪質な会社が公表されるなど、損をするシステムができてきましたが、完璧とは言い難いです。だから、面接で見破る必要があります。求人票などに記載された労働条件に目を通して、怪しい点についてあれこれ質問していきましょう。相手がブラック企業であれば、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。「その場では答えられない」みたいな逃げるような姿勢になることが多くあります。特に「休日」「残業」「給与」に関しては、質問責めすると、渋い顔をすることが多いです。それでも迫ると、ふてくされたような態度になってくるので、ブラック企業だということに気づきます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、変だと思ったら、入社は止めるべきです。

転職を行うにあたって、今務めている会社を辞める時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのです・・

転職を行うにあたり、現在働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、自分からすすんで退職届を出して退社する、いわゆる「依願退職」であった場合は失業保険が即座にはでません。手続きが終わった後で失業したことが認定されてから3ヶ月経ないといけないのです。よく勘違いして会社を辞めた翌日からちょうど3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしましょう。この規則について誤解している人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると言い張ってそれが原因でハローワークの担当スタッフと口喧嘩をしているのを見たことがあります。なお、リストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定されて即座に失業保険が給付されます。

女性の転職に際して、現在とセクハラが問題視される前で…

女性が再就職するに当たって、一昔前と現在と多少の違いがあるようです。一昔前は面接の場で会社側から、「結婚観」や「出産後の仕事」などについて、自然に女性たちへ質問していました。ところが、現在の流れとしては、結婚や出産などについては、セクハラと会社側が捉え、質問を避ける会社が増加傾向にあります。そして、とりわけ大きな会社ほど、NG質問として扱われています。けれど実際、企業側は、YES・NO、ではなく、その人の考え「結婚後も働きたいのか」出産後の細かい予定を当然、把握しておきたいとは思うはずです。自分自身の将来設計をわかってもらうためにも、志望の動機や自己PRと一緒に話すことで面接官にも認識してもらえ、また、疑問も解消できると思います。質問されていない内容でも、こちら側から率先して話をしておくのが良いでしょう。

いい転職をしようと転職活動中に、「私はこれまでずっ…

今がんばっている転職する活動時、「私は今までずっとこのような内容の仕事をがんばってきました」「仕事の中でこういった技術を身につけることができました」と過去の自分の実績・セールスポイントを強めにアピールする人はよく見かけます。でも、転職先となる再スタートを図る場所で「機会があればこういった仕事をしたい」「私が経験したような内容の業務をするのなら貢献できるはず」と未来の展望を話して自己をアピールしていくほうがよっぽど効果があります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

転職しようと考えている会社で見学などがあるとすごく勉強になります。

転職候補先の見学は、非常に参考になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」がいる会社は、腕を見るのが楽しめます。でも、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者には高確率で、通常通りの姿を見せてくることは少ないのです。特にその傾向が強いのはブルーワーカーなどの業種です。この業種では、癖の強い人が多いので入社してからでないと、実際の姿はわかりません。なので、仕事=見学で知った内容と思わないことが重要なのです。加えて、会社見学の時に仕事体験させてくれる会社はキケンなので選択肢に入れるのはおすすめしません。入社していない段階では仮に何かあっても、それに対する保障が一切ないので、スタッフから勧められても丁重に断るほうが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました