未経験である業種などに転身したいと考えているときには…

未経験である業界などに転身したいと思っている場合には…

未経験の業界などに転職を行う際は、以前の業界で身に付けた力や今までの経験値が生かせるという内容のアピールが必要になります。働いたことのないジャンルの場合、未経験の分だけその業種で勤務したことがある方よりも実際のところ、不利になりますけど、自らの持っているスキルがそこで生きるということを相手に言えば、勝負になる場合も十分にあります。なので、経験が全然ない業種に挑戦する場合は、その業種と自分がこれまでやってきた仕事内容とのつながりをできる限り発見しましょう。

転職することを成功させたいのなら、事前の徹底した情報を収集することが不可欠です。

転職を成功させたいのなら、事前に行動しなくてはいけません。インターネットを見ると会社の名前を聞いたことのない小さな会社でも公式サイトに会社のことを書いている会社が多いので、インターネットを活用して自分が気になる点を手に入れるとまたなんだろうと思う点などを解消しておくと良いでしょう。公式サイト以外にも「転職サイト」にログインするのも有りだと思います。そのほか、インターネット以外の方法として何より転職の候補している職場を自ら判断するのも大事です。

先日転職先を探すために人材会社へと登録に向かいました。

一昨日新しい仕事先を探すために人材紹介会社へ登録に向かいました。登録カウンセリングの際に出てきた担当の人の雰囲気がどうも新入社員のようで、私が説明していることの50%も彼はわかっていないようでした。そのくせ「キャリアデザインが甘いですね」とか「きちんとと自分の強みと弱みを理解しておくことが必要です」とか、上から目線で横柄に言い散らかすので非常にイラつきました。カウンセリングを担当する人はそこそこ社会人を経験している方にしてほしいと感じます。

派遣として就業しています。派遣法の関連で不本意にも馴染みのあ…

派遣社員として働いています。派遣法や労働契約法の関連で否応なく、長くお世話になった企業での仕事があと数か月で終了します。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣で就業している会社で正規社員のポジションをつかんだ人もいるのですが選ばれた理由としては正直に言うと仕事の実力とは関係なく派遣先の上司へのごますりが上手な方でそれが採用の決め手となった模様。テクニカルスキルより上司に媚びるスキルの方が必要なのかなーと抜擢されなかった他の派遣の同僚と勤務先で不満をたれる毎日です。

新卒採用で入った会社を辞めて、転職すると決意しました。

新卒で入社した会社を去り、転職することについて実際に退職する前後は、とても悩みました。社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用で働いている人がほとんどだということを自身の転職活動のなかで理解したことで、無意識のうちに気が楽になりました。また転職を経験するとなにか気持ちが楽になった気がして、「自分のやりたいこと」を考えるのが毎日が充実したものになりました。いまだ「仕事を変えるのは良いことじゃない」という転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、私のケースでは否定的な意見を真に受けないで良かったみたいです。

転職時の面接で人事から「転職の理由は何ですか?」といった形で・・

転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。担当者から「転職理由をお聞かせください」といった形で、かなり高確率で質問されます。このときに、どういった事情があろうとも、前の仕事場での「人づきあい」「働く環境」についての不満に受け止められる返答は、できる限り話すのはやめておきましょう。なぜなら、此の様な内容の話は、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスを逃してしまうことになりかねません。面接時は、「前向き」な姿勢を見せつづけることが正義なので、とにかく「新しい職場で、スキルを生かしながら、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、のように将来を見据えた受け答えが重要です。

もしも転職前、今の会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと…

転職前、今勤めている会社の同僚たちがあなたの転職を知ると職場の状況が一変するおそれがあります。今までの周囲との関係によっては、問題はないこともありますが、意地悪されたり、やっかみもあるはずです。そればかりでなく、残業時間を増やされるキケンもあるので、軽はずみに転職のことを周囲に言うのはお勧めしません。なので、上記のような状態を避けるために、仕事場では、真面目に仕事に取り組んでいましょう。誠実な態度を見せることで、良い空気をギリギリまで残したまま、晴れやかに会社を辞められます。また、何の問題もなく円満に退職できたなら、転職後にも、困ったときに相談できるチャンスも手に入るはずです。規模や業界に関係なく、どのような会社も繋がりなので、会社を辞める際のトラブルは、できるだけ回避しておきましょう。

転職活動をするという時は、良いと思う求人(または業種)…

これから転職活動をするのなら、気になる求人(もしくは業種)を見るたびに100%「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネットで検索してみましょう。求人票・転職エージェントでは、その業界のマイナス部分について、教えてもらうことは不可能です。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、ネット検索で一発で実態を知ることができます。そういう面を知らずに入社した場合、あとからしっぺ返しを食らう可能性が高いです。そもそもその求人が出されていた理由が「業務内容が厳しく、人が定着してくれない」ということもかなり多いため、気に入った案件や業種については、下調べをしてから応募しましょう。

他の仕事に転職する原因はその人によりけりです。

看護師という職業の人のそれ以外の仕事に転職に至る原因は、人によりけりです。ちょっとみると看護師からの転職には「職場に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚がきっかけで自分勝手にできなくなって出産そして子育てさらに家族の介護など、身近な家庭環境の変化によって今までのような働き方が厳しくなってしまった」「収入に大きな不満がある」など多種多様の理由が抱えているのかもしれません。でも、転職を決断する前に、「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、落ちついてゆっくりとそして客観的に見つめ直すこともしてみてください。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考してから決断されることを強くお勧めします。

転職サイト一旦登録すれば、電話やメールで何度も連絡が入ってきます。

転職サイトに一旦登録すれば、電話やメール連絡が嫌になるぐらい入ります。これに対して「転職エージェント」の利用が初めての人は大変驚く場合が少なくありません。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが仕事だといえるので、大変積極的にアプローチしてきます。中でも大手エージェントは、転職を成功させると企業からお金を受け取るシステムのため、転職希望者の都合を考えるよりも企業の都合を優先的に考えることが多かったりします。加えて、転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定が取れた瞬間に、入社を強引にすすめてくることが珍しくありません。自分の気持ちや意思を明確にし、無理に転職しないように心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました