比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年経った・・

時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはない…

派遣社員であったとしても、1年経ったら自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと転職活動したことで気付かされました。私は結婚生活が落ちついたら、なるべく早く子供を授かりたかったので、妊娠するまでと思い1年半~2年だけ今の部署で継続で仕事をしたいと思い、就職しました。派遣社員であったために、年収は安かったですがそれでも「時間に自由が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。ですが、いざ入社してみたら、一緒に働いている人たちは大半が派遣社員として10年、15年と続けていらっしゃったのです。たとえ派遣といえども、期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、悩みが増えました。

現代はインターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に行う会社も増えてきました。

近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングを専門に行う会社をよく見かけるようになりました。「特許」を出した人などは、ヘッドハンティングされやすくなります。彼らは、特許を出願した人以外にも、「研究開発論文」を世に出した人、「テレビや雑誌」で特集された人など、何かしらの「功績」を残した人をターゲットに、電話・メールで接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。もしもあなたが、いかにもヘッドハンティングのような連絡をもらったとしたら、そういったことが無かったか思い出してみましょう。あまりないことですが、ヘッドハンディングだと思わせて、「登録料」を要求してくる会社があるのですが、そのような業者は高い確率で嘘なので、注意しましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者が払う必要はありません。

たいていの場合は大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため・・

多くの場合大きな会社では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから、転職希望者には適していません。そればかりか、都心を離れるとその見込みが低くなるでしょう。しかし製造業の会社の場合、都市部でない地方の工業団地の近所に拠点としている可能性が高いです。また、その地方工場では事業拡大と並行して「途中採用」を行っているので、そういった機会を利用するのが無難です。そのためには、地方の工場を転職に考えるなら、希望する企業の情報をチェックしておきましょう。公式サイトにアクセスし、求人予定の有無など、こまめに確認されることをお勧めします。

再就職をするときにかなり要となるのが「面接」になります。

再就職する際、比較的重要なのが間違いなく「面接」である。ふつうの面接では面接官が応募者に対して、転職を決めた理由など色々なことを質問されると思います。そして必ず、面接を終えるあたりで今度は、面接希望者側からの逆質問というのがされるのが普通です。面接担当者から「弊社について何か疑問に思うことはありませんか?」と聞いてくれるわけです。と尋ねられた際に面接者本人が気持ちの準備もできていないし、質問を遠慮してしまう可能性もあります。そんなときのために、面接の前には面接官からの問いに際し、聞きたいことを準備しておくことをお勧めします。すべてを把握していない職場ですし、いくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、やってみてください。

失業することによって得られる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件ですが、…

失業した人がもらえる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが、給付される期間が定められています。失業時までに勤務していた期間によって違い、3か月とか1年とかが決まるのだが、中にはこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間の最後1か月になった段階でようやく自分の勘違いに気づき大急ぎで就業先を探しても条件のよい仕事を見つけるのは難しいです。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といった点はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。ときには、それらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、9割がた受かりません。

今日では、ブラック企業がメディアで注目されたりして…

今日では、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件関係の取り締まりが強くなったり、社名が公開されるなど、損をする仕組みができてきましたが、まだ完全とはいえません。なので、事前に面接で「ブラック企業」かどうかを見破れる方法があるので覚えておきましょう。とにかく、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらの項目ひとつひとつについてあれこれ質問してみましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、求人票の記載が嘘の場合、明確な返答ができなかったり、「その場ではハッキリとは答えられない」とはぐらかされるはずです。特に「休日」「給与」「残業」では、詳細について尋ねると、渋い顔をするケースが多いです。それでも食い下がると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、そこで相手のウソを確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、「何か引っかかる」と思ったなら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。

転職の際に現在勤めている会社を退社する時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりません・・

転職する際、今働いている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、あなたの側から退職届を提出して会社を去る、いわゆる自己都合退職のときは即座に失業保険が給付されるわけではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3ヶ月経ないといけないのです。よく勘違いして退職日の翌日からちょうど3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしましょう。この規則を理解していない人が、ハローワークの職員の方が間違っていると主張してその結果ハローワークの担当スタッフと揉めているのを見たことがある。加えて、リストラのような、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定が下ったのちすぐに失業保険を受け取ることができます。

女性が再就職する時、近年と一昔前では少なからず、変化が見受けられます。

女性が再就職する場合、現在とセクハラが問題視される前では少し違ってきている点があります。前は面接の際に会社側から、結婚の予定や結婚後の予定など、一般的なこととして質問されることがほとんどでした。ところが、現在の流れとしては、そのようなデリケートな内容は、「セクハラ」と捉えられ、聞かない会社、の方が増加傾向にあります。そして、世間に名の知れた大企業の場合は、タブーとして全面的に避ける傾向にあります。でも、企業側は、はい・いいえ、で返答するのではなく、その人の人生観、結婚後は退職するのか、出産後の具体的な予定を把握しておきたいとは思っている事でしょう。自分の考えを知ってもらうためにも、志望の動機や自己PRと併せて伝えることで、面接官にもしっかり伝わると思うわけです。質問されていない内容でも、こちらから会社にとっては必要な情報と捉え、話していくことを考えてみてください。

励んでいる転職活動で「自分はこれまでこういった職場…

いい転職をしようと転職活動をしているときに、「自分は今までずっとこういう仕事に従事してきました」「仕事の中でこのような経験に磨きを掛けました」とそれまでの成功体験やセールスポイントをしっかりアピールしようと考える人はしばしば見かけます。しかし、応募しその環境下で「将来、こういったことをしたい」「私が言ったような内容の業務ならぜひ参加したい」と将来のプランで自己をアピールしていくほうがよっぽど効果があります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

転職しようと考えている会社の見学は、すごく参考になります。

転職候補に挙がっている会社で会社見学しておけば、すごく参考になります。会社見学できる会社の中でも、職人さんのいる会社ではスキルを間近で見られるので楽しみです。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ほぼ例外なく見学者には、本当の働き方を見せないのが特徴です。例えると、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。この分野では、個人のプライドが強いので実際に入社してみないと、実際の姿はわからないものです。ですから、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは考えないことがとても重要なのです。それに加えて、見学時に仕事を体験させる会社は、問題があるので正直言って、「論外」です。入社してもいない人にはケガなどのトラブルに見舞われたとしても、保証もないので、進められても丁重に断っておくようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました