派遣社員というものは、自身の好きなタイミングで退職できるワケではな…

時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、好きなタイミングで辞められるわけではないと…

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと実際に転職を通じて理解しました。私は新婚生活が落ちついたあとすぐに子育てに取り組みたかったので、その時が訪れるまでのあいだ、数年くらい今までのそのまま仕事出来たらいいなと思い、就職しました。派遣社員であるために、正規よりも月収は少なめでしたが、仕方ないので家庭の時間のために、この道を選択しました。でも、入社したあとで、一緒に働く人たちはほぼ全員のスタッフが派遣社員として10年、15年と続けていらっしゃったのです。派遣社員だからといって、契約が終わってもすぐ辞められる雰囲気ではないと気付かされ、この先どうすべきか、とても困惑しています。

最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、…

近年、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティング会社も増えてきました。特許権を取得した経験のある人は、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人に加えて、研究開発で論文を出したことのある人や、メディアによって注目を浴びた人など、「功績」を残した人物に狙いを定めて、電話やメールで近寄ってきて、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。仮にあなたが、ヘッドハンティングらしいことを言われた場合は、そうなったきっかけを考えてみてください。ここ最近は、ヘッドハンディングだと思わせて、登録料を要求しようとする会社もあるらしいですが、その手の会社はむろんイカサマですから気を付けましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を払う必要などありません。

たいていの場合は一流企業は「定期採用」がメインです。ですから…

大半は一流企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職で入る事は中々難しいものです。おまけに、都会以外だとその確率がずっときびしくなります。ただ、製造業に関して言うと、地方の工業団地付近に拠点としている少なくありません。さらに、そういう地方の工場の場合、事業を拡大する時に中途採用する事がよくあります。そういったチャンスを利用して転職を検討してみるのもいいでしょう。そのためには、地方の工場を転職に考える場合、希望する企業についての情報をチェックしておきましょう。公式サイトにアクセスして、求人の予定がないか、頻繁に確認すると良いでしょう。

再就職では、重要視されるのが「面接」なのは間違いありません。

再就職する際、比較的要となるのが「面接」というものです。ふつうの面接の際は、面接官が応募してきた人に対し、転職するに至った理由や退職理由などこれまでのキャリアといったことを尋ねてくると思います。そしてほぼ100%、面接終了の直前に今度は、転職希望者から、面接担当者へ逆質問に切り替わるのが普通です。面接担当の人から「弊社で働くことについて何か質問しておきたいことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と尋ねられた際に緊張してアタフタしてしまうかもしれません。そんなときのために、予め面接官からの質問に際し、聞きたいことを用意しておくのがベストです。冷静に考えてみればよく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

失業した人に給付される失業保険は、失業しているあいだが給付条件となります・・

失業者が受け取れる失業保険は、失業中でなければもらえませんが、給付期間が失業している限り延々と続くわけではありません。失業時までに働いていた期間に応じて異なり、90日とか120日とかが決まるのですが、驚くことに知らないで失業中である限りもらえると勘違いして「失業保険が給付される間は遊びに使う」という人を見かけますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから急に職を探してもよい会社を探すのは難しいです。転職を希望する会社の面接担当もアホウではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といった部分は大よその想像が付く。運が悪ければ、面接担当者から失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。しどろもどろになると採用は極めて困難になります。

近時は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようにな…

近頃は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、労働条件違反の取り締まりがきびしくなったり、悪質な企業の場合は公開されるなど、罰則もそれなりに強化されていますが、まだまだパーフェクトとは言えません。実は、面接で見破ることができます。まずは求人票などの労働条件を事前に調べ、それらの項目ひとつひとつについていろいろと質問をぶつけましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、記載内容がウソだったときには、返答が曖昧なものとなります。「その場ではハッキリとは答えられない」と逃げ腰になるでしょう。とりわけ「給与」「残業」「休日」については、質問責めすると、渋い表情を見せることが多いです。それでも食らいつくと、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるのでブラック企業だということに気づきます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、少しでもおかしいと感じたら、他の面接を受けたほうが良いと思います。

転職するにあたって、今働いている会社を辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが…

転職するにあたって、今働いている会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、もし自己都合で退職届を出して退職する、いわゆる依願退職の場合は、即座に失業保険が出るのではなく手続きをした後で失業が確認されてから3か月待たないといけないのです。よく間違って退社した日の次の日からキッカリ3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしてください。この規則をわかっていない人が、ハローワークの職員の方が間違っていると主張してその結果ハローワークのスタッフと口論になっているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、リストラなど会社都合で解雇された場合は、失業認定を受けてから直ちに失業保険を受け取ることができます。

女性の転職に際して、今とセクハラが問題視される前…

女性の転職に際して、今とセクハラが問題視される前では若干の変化が見受けられます。かつては、「結婚の予定」や「出産後の予定」に関して、質問されることが珍しくありませんでした。ですが、最近では、そのような内容は、セクハラと会社側が捉え、聞かれないことの、ほうが増加傾向にあります。そして、とりわけ大きな会社ほど、神経を尖らせているようです。しかし実際、面接する側ははい・いいえ、の2択でなく、その女性の姿勢、結婚後は退職するのか、出産後は時短で働きたいなどを把握しておきたいとは思うはずです。自らの将来設計を伝えるためにも、自己PRや志望の動機と一緒に表現することで、企業側も考えがわかり、また、モヤモヤも解消できると思います。ですので、たとえ、聞かれていないことでも、こちらが先んじて気遣って答えてみることを考えてみてください。

今がんばっている転職活動をしているときに、「自分はこれまでず・・

今励んでいる転職活動で「振り返るとこういう内容の仕事を長く続けてきました」「今までにこういった技術を身につけることができました」と自身の成功体験などをしっかりアピールする人はよく目にします。ただし、転職先のその組織で「将来、こうありたい」「これこれの事なら積極的に参加したい」と未来形として自分自身をアピールしていくほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

転職したいと考えている会社で見学しておけば、非常に参考になります。

転職したいと考えている会社の会社見学は、かなり参考になります。とくに、「職人」がいる会社での見学は、腕を見るのが楽しくもなります。が、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者には間違いなく、普段通りの仕事風景とは違っているものです。例えると、ブルーワーカーといわれる肉体労働です。個人のアクが出やすい業種なので、入社後でなければ、実際の働き方が出ません。そのため、会社見学で見たものをすべてだと思わないことが無難です。また、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社は危険ですから選択肢に入れるのはやめておきましょう。入社していない段階では仮に何かあっても、保証がないので、仕事体験ができる、と言われてもやんわりと断るとこが大切です。

タイトルとURLをコピーしました