私たちの労働環境は、この先、段々と思考を必要としない仕事・・

この先、ぐっとシンプルな仕事は機械に切り替えられて必要な…

将来、私たちの労働環境において今以上に簡単な仕事は機械化によってそして、必要な人手は減らされてしまいます。なぜなら、思考を必要としない作業という観点では人間以上に機械を稼働させたほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。例えば、数量をカウントしたり、同一の動作を繰り返すのは機械なら何の苦もありません。もちろん人間とは違って不平不満を言わないし、ペースが変わらないし、横着をすることもないし、何より正確ですし、均一化できる強みもあります。さらには人と違って、給料を渡さなくてもいいのがメリットといえます。わざわざ人間を使う意味がまったく無いため、機械に置き代わるのも必然といえるでしょう。

転職活動を行う上での最後に残る厄介な難問として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

転職活動を行う上での最後の難問として、「今の会社の退職」があるのではないでしょうか。転職先の企業から採用の内定をゲットしたとしても、現在勤務中の会社があなたを手放したくないとして慰留することも珍しくありません。そのようなケースでは、絶対に退職をあきらめない、という強固な意思を維持することが求められます。引き留められて、一時的に収まったとしても、一時辞めたいと思った会社には、そんなに長居はできないはずです。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届をつくります。その後、決定権のある上司と直接話し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」と正直に伝えましょう。「円満退社」で去ることも転職活動において重要なポイントになってきます。

求人についての広告には、大部分の場合はまともな会社・・

求人情報にはほとんどの場合、大部分の職場では月収が記載されているはずです。でもこの月収をチェックする時には、しっかり確認する事が大事です。数字だけを見て納得しないほうが良いです。会社によっては、月収の額の内訳で「毎月30時間の残業」が条件になっているかもしれません。要するに残業代を含めて計算することで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしている所があるからです。それ以外にも、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている企業もあります。そういうわけで、その手の可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社はスルーしておくのが無難といえます。

自分のスキルが有利にはたらくように就職活動をしようと考えているのなら…

自分のスキルや資格を有効活用しつつ、転職活動をしようと考えているのなら、比較的、転職がしやすいジャンルとそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を事前に知っておきましょう。再就職の難易度が低めの業界では、人材不足が社会問題にまでなっている医療や介護系のジャンルがおなじみですね。看護師および介護士は「資格」を必要で、ハードルが高めの業種ともいえます。現在、看護師や介護士として勤務している人が、仕事がきついからと他の業界に再就職したいと考えているのなら、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の業界は、働き手の流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。したがって、簡単に考えないことが大切です。転職される場合は、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界ほど売り手市場とはいかないので覚悟しておいたほうがよさそうです。

仕事の面接で着るスーツの色合いについては、新卒の就活・・

職を変える時に必要なスーツのカラーにおいては、新卒の就活に準じた色味が基本的です。ということは、紺色や黒色のダークな色合いになるわけです。それは転職の場面であっても、着ていくスーツの色合いに関しては新卒の就活の時のようなダークカラーが多数を占めていて、そうでない色のビジネススーツの人はあまり見ることはありません。強いて言えば、ごくたまにグレーを着ている人がいるくらいで、だいたいは黒や紺のスーツ派がほとんどを占めているので、人事から見ても黒とか紺のスーツを着ている人が自然に見えますから、見た目の印象という点ではそのようにする方が好ましいわけです。

転職したいと考えているなら、前もって考えておいて損をしないのが資格の取得です。

もしも転職を予定しているのなら、あらかじめ「資格」取得は考えておいて損はありません。とくに、転職活動を始める前の段階で、資格取得をしておくのがお勧めです。転職時に有効に使えるので、転職先を探すのが容易になります。であるため、在任期間中での資格取得が一番最適です。将来を考え、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、現在の会社を退職後も後悔することなく前に進めるはずです。それに加えて、資格を保有することで転職先の面接で担当者に戦力として使えるとみなされ、それまでの職場より待遇も良くなる可能性が高いです。

『今すぐ転職をしたい!』と思っていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、…

『転職をしたい!』と考えていて、自分の意志が固いならばすぐに上司に言うべきです。なぜならばそのときに曖昧な表現をしてしまうと、言いくるめられる可能性が高いので要注意です。そして、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、スンナリと受理されずに最終的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。辞職することをはじめて直属の上司に相談したのが年度末だったのに、実際では退職出来たのはこの年の11月です。本音を言うと、年度末を区切りにしたかったのに、スムーズに退職できませんでした。やはり企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの要望を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでさすがに以前にも増して困ってしまいました。

転職期間のあいだは、自分の好きなことに没頭することに加え…

転職期間では、自分の好きなことに時間を使うほか、体力の低下を招かないようにしておくと良いと思います。転職先が決まり、いざ仕事復帰した際に、趣味に没頭していた影響で、知らない間に集中する力が養われているのです。そしてまた、体力アップしているために、他の社員さんよりも疲れない体になっているということを自ずと認識することができます。そんなわけで、退職して転社先が決まるまでは趣味に没頭することと、体力をアップさせる努力をしておくのがおすすめです。転職が決まり、その職場であなたと共通の趣味の方とめぐりあうことができれば、会話も弾むので、これまでやってみたかった物事に挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

転職を度々しないための対策は、シンプルです。

転社を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。スキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。現在はインターネットがいつでも使えるので、精神面を強くする自己啓発系の情報はたくさんあります。加えて、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面を強化することができます。それは、ズバリ外国に行くことです。海外に行くと、日本との違いがたくさんあったりと、とにかく刺激が山ほどあるのです。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。帰国すると、己の視野の狭さを実感し、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え、(転職のための)面接に向かうと、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信に満ち溢れた態度を示すことができます。でも、退職後は精神的にまいっている人も多いのでその後のために休業期間も必要です。

新卒後最初に働いた会社で嫌な上司の存在に神経を使い・・

新卒で採用された会社で反りが合わない上司に悩みを抱えて、結局耐えることができなくなってその会社は辞め、同業者である別の企業へ乗り換えました。パワーハラスメントもなくとても満足した毎日でしたが、徐々に会社の収益が少なくなり、とうとうとある会社に経営統合されることになりました。奇遇にもその統合した先の会社がなんと以前働いていた会社で、しかも感じの悪かった上司がもう一度私の上司となることになりました。いったいこれはどれほど縁があるのでしょう。当然ながら新たな転職活動を始めるつもりです。

タイトルとURLをコピーしました