転職の際に外せない企業の面接に関して、してはいけないの…

転職の際に欠かせない面接での勘違いしている人が多いのです・・

転職活動中の面接での多数のひとが思い違いをしているのですが採用を勝ち取りたいあまり過度に猫かぶりは、思いのほか悪い結果につながります。ですから、猫をかぶるよりも面接の際は「育休」といったような、通常であればかなり質問しづらい内容を思い切って率直に訊いておいた方が、確実にあなたのためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「そんな無神経なずけずけと質問をすると、面接で良い結果が期待できないのではないか」と懸念する人もいるかもしれませんが、だけども、意外と面接官からの印象もいいことは最終的には可能性が高いのです。こうした「お金」や「労働環境」に関連する内容は、仕事をするとなれば、誰もが聞きたい事項ではあるのに、しかしながら、面接に応募した人たちの多くは、普通は質問できません。けれど、あなたが勇気を出して質問をすることで、「言うことはちゃんと言える人だな」ということで思わせることができます。

転職すると高い確率でそれまでの仕事での記憶は大方、美化されます。

転職するとだいたいの場合は前の仕事の記憶は美化されます。実を言えば現在の職に問題があるから、そういった思いを払拭するためにせっかく再就職したはずにもかかわらず、気付けば不思議なことに転職後の会社よりも「前の仕事のほうが良いのでは?」と思うことは多いです。極めて当たり前のことで、前の職では業務を把握していて、楽に与えられた仕事もあっさりとこなしていたのが、一番の根底にあると思います。とはいえ「やっぱり転職するんじゃなかった」と本気で感じるほど、前の会社のほうが環境や職場環境も良い場合もあります。

就職活動において、年収はとても大事なポイントです。

就職活動において、最大の問題になるのは年収です。面接では、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで現実の年収を偽って、多く申告し、多額の年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。最終的には源泉徴収を提出することになるので、たとえ一時的に騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソがバレてしまいます。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の年収を正確に申告し、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。なお、今の年収が300万円の人が転職後すぐに500万円となる見込みはほとんど無い、と見ておくべきです。たとえば、今、430万円の年収であるのなら、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが得策です。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのに直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので、注意しましょう。

日本には古来より”石の上にも3年”という格言があります。

古来より日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、終身雇用制が死語になりつつ有る昨今では「転職」が身近なものとして捉えている人も多いはずです。けれども、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というようなやたらと仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。転職するにはタイミングを捉える必要があります。その基本として、現在の職場、自分の置かれている立場などに関して、嫌だと感じいているポイントを、10個前後、紙に書き出ししてみましょう。この作業が、再就職に良いヒントを与えてくれます。そして、将来の進路が自身で見いだせたら、躊躇することなく、よりも良い仕事ができるよう、努めることも大切です。

明日からでも転職を希望しているのなら、現在の仕事や…

今からでも転職活動しようと考えるのなら、今現在の職場や仕事での不満に思う部分をハッキリとさせておきましょう。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも不平が限界に達しているから転職したいと考えているのは分かります。が、「よく考えていまの職場の客観的に考えた問題点を列挙する」ことが出来ている人は少ないものです。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。そして、転職を叶えたあと、「今よりも不便になること」をしっかり想像してみましょう。転職したとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職の失敗は高確率で防げますから、失敗しないのはできると思います。

転職活動中はとにかく、まず常に自分自身の心が沈着である…

転職のための活動を行う際は、まず何よりも自身の心のうちが静かであることを大切にしましょう。今の会社で働きながら転職の活動される場合は、それほど気にしなくても良いですが、退職後にするのだったら、かなり心のうちが焦りがちになってしまいます。ですので、慎重に活動を続けましょう。自分がやってみたい仕事や、理想とする職場の雰囲気を明確にしておき、そのイメージを候補に挙げている職場と比較してみて、合致しているかを再度、冷静になって確かめてみましょう。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

あなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」に・・

仮にあなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、都会から郊外・地方に移住したうえで再就職したい、と思っている方も少なくありません。ネット社会の今では転職サイトの地域指定をするだけで、国内のどの地域の求人もいつでも閲覧できるようになりました。しかし、地方や郊外での求人に関しては、どうしても大都市よりも少ないので、その点がマイナスといえます。ですから、転職サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。求人サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」といったサイトも頻繁にチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している就業サポートの有無も確認しておくとよいでしょう。

このところ私は派遣で働いています。

このところ私は派遣の会社に登録をしています。ウェブサイト内でなにげなく自分にぴったりの仕事を見つけて問い合わせを行ってみると「そのお仕事はすでに他の人の採用が内定しています」という答えが返ってきて瞬間的にウェブサイトの中から仕事情報が閲覧不能になるのですが、翌日に閲覧すると元に戻っています。これは結局私ではよくないのだっていう意味ですよね。そういうことならば最初から変に隠さないように正直に伝えてくれるといいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。それとももしかするとダミーのお仕事なのでしょうか?

現在の職場・業務内容について多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

今のあなたの職場や仕事の中身について不服に感じていることの中に、「自分の持っているスキルや、仕事上での能力を正確に評価してくれない」さらには、「報酬は増えず、将来的なレベルアップも期待できない」といった点を挙げる人が少なくありません。けれど、上記のような不満を持っている人のなかには本人が自分自身の器量を過大評価してはいないか、改めて確認することが不可欠です。もしも、そのような過大評価しがちな人が転職活動をすると、自分に合った企業や職種がないと、中々転職先が見つからないと言う事に陥りがちです。という事態に陥りがちです。そういうわけで転職で成果をだすためには、あなた自身の能力を多少厳しい目で自己分析してみてください。

再就職の際に行われる面接というのは、小規模業者であ・・

再就職のための採用面接では、小規模業者だったら大体は「人事」が面接担当ですが、別のケースもあるようです。実際に今後職場でかかわりの深くなる一番偉い人、わかりやすく言うと課長や部長クラスが面接を担当する可能性も考えられます。特に、事務・営業といった部署に転職する場合は、資格を通じた人の評価が難しいので自信をもって自分自身をアピールしていくようにしたいものです。面接官の誰からも「この候補者はしっかり主張するし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大事です。

タイトルとURLをコピーしました