転職をする際の面接で企業側からクールビズで良いとと事前に言われる時もあります。ですが…

再就職の面接での身なりは会社側からクールビズで来てください…

職を変える際の面接での身なりはクールビズで来てくださいとと伝えられることもあるようです。しかし、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは実際は社会人として常識に欠けるのでは?と思いがちです。そういうことで悩みを懐に抱えている方々に進言したいのは、会社側からクールビズを指定されたのであれば、書かれている内容をそのまま守った方が不安要素がないです。色々迷うことによって、夏真っ盛りの時期にクールビズでないのは相手側に不自然な印象を与えてしまいますから、会社側からクールビズで良いと伝えられたらクールビズで行く方が好ましいのです。

転職活動時には、履歴書と職務経歴書を準備することが必須だとされています。

転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書が欠かせません。会社の大多数は履歴書だけでなく職務経歴書に書かれている内容によって面接するかどうかを判断するため、まず第一にこの2枚の書類が大切なポイントです。ただ穴埋めするだけにとどまらず、記載内容の魅力化を図ることも大切です。「職務経歴書」では、これまで経験してきた職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を書きます。また、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。たとえば売上を前年比○パーセントアップさせた、などわかりやすく書くのが得策です。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、文章をチェックしてもらったりして自分のブランディングのために転職エージェントを活用してみるのも有効な手段です。

転職活動を行う際、いろんな手段で情報を得る人が大半だと思いますが・・

転職活動を開始するにあたって、様々な経路で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは利用しなければもったいないです。以前、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたという理由で、運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせによってその種の口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、違った角度から見れば、ウソの書き込みであれば会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。でも、真実はクロで「このままではいけないと考え、火消ししなくては!」と思っているかもしれません。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いと言う事はその分、入社してから不利益になる可能性が高くなる、と考えてもいいと思います。何より、いい会社にはトラブルとは無縁です。

新しい職場(転職先)では、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい仕事についてすぐは「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。とりわけ一年目はおおむね「試用期間」を含んでいる場合があります。私の転職では、苦労して転職して以前の職場での稼ぎとほとんど同額でした。そのうえ、仕事内容は多忙を極め、かなり責任が伴うもので、1年目は、非常に骨が折れました。そのような経験から初年度は、仕事を覚える期間と割り切り、十分に転職する前からお金をためて備えておくべき、と痛感します。

初めて転職をするのであれば、心がけるべきことはなぜ現職を辞めなければいけないの…

初めて転職する場合、気を付けなければいけないのはなぜ現職を辞めたいかについてハッキリしておく必要があります。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきです。その上で問題を解決できるであろう会社を選択してみてください。既卒者の転職活動は、在学中の就職活動とは違って、今の仕事を勤めながら就職活動を行うので、時間・体力に余裕がないと難航します。ハッキリした理由がないまま転職活動をした場合、途中で息切れしてしまう危険があります。「必ず転職したい!」「現状をなんとか変えたい!」という熱い気持ちがないのであれば、転職活動を始めるのは、やめておいたた方がいいでしょう

転職で、派遣社員」で考えている人にぜひ注意してもらいた・・

これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人に覚えていてほしいポイントが何点かあります。まず派遣社員に対して、「電話対応」「データ入力」「その他雑用」といった業務内容をぼんやりと連想する人がおそらく多いはずです。実は私自身もまさにそう思っていました。今の企業に入るまでは「派遣社員」の求人を見て応募したときには「お願いしたい業務は電話対応になります」と入社前に説明を受けてもいたので安心しきっていました。でも、実際に業務に掛かると、なんと辞めた正社員さんの穴埋め業務を頼まれました。とくに特別な知識もなく、入社前の説明とは異なる内容ばかりなので非常に参っています。今はとにかく、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

就労であるのなら、可能なかぎり社内の人間にバレないよう…

就労中には、可能であれば、社内の人間に悟られないよう、(私の例ですが)雇用中に転業する意思表示だけを早い時期に周りの人に話して、反応を見たことがあります。が、その後に求人情報を必死に色々と探してみたのですが、結局は転職先やタイミングすら何一つ決まらずダラダラ時間が過ぎてしまいました。挙句の果てには一方の会社のほうは、業務の引き継ぎや手続き、自身の退職日などが続々と確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」といった、お粗末な事態になってしまいました。そして、予定は思うようにはいかず、失職期間を経験したのち、次の就職先を見付ける活動をはじめました。

こういう転職というのは友人から聞いた話です。

この話は兄の知人の話です。大学生のときの就職活動でなにがなんでも入りたかった最終目標であるA社で行われた最終面接で不採用となって、そのため他の会社につきました。そのあと2年経た頃に派遣求人サイトを閲覧していた際たまたまA社の紹介予定派遣の求人を見つけることができ、じっとしていられなくなり当時働いていた会社をすぐ辞め、A社で派遣勤務を開始、死に物狂いで頑張ってそれから後問題なくA社で正社員登用され、現在は仕事に誇りを持ちながら楽しく仕事しています。

転職を行うにあたっては、予め、求人雑誌を閲覧したりし・・

転職活動を始めるとき、最初に、ウェブ上の求人サイトを閲覧したりしてその会社のことを調べるはずです。ですが、その会社が情報を公開する際には、コンサルタントが付くことが多いです。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す傾向があります。たとえ公開するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのような類のコンサルの影響が色濃く出た、社長社員に関連する情報はそのまま信じるよりも、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。仮に心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、「話が全く違う」と気が付くことになることが多いです。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、いろいろとイチャモンをつけて辞めさせないように考えています。この種のブラック企業には注意しましょう。

自分の大好き、を仕事にしたいと思っている人は注意です。

好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は注意した方が良いです。これは、私が実際に経験したことなるのですが、私自身、食べることが本当に好きでそれが理由で料理店(レストラン)で働いてもいました。そのお店での仕事内容は、そのレストランで私が任されていた仕事内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この業務内容に関しては、不満もなく楽しみながら仕事ができていたのですが、人間関係のいざこざにとても疲れてしまったのです。ということが引き金となり、仕事をやめることになったのですが、その影響からか、あんなに好きだった食べること、またそのレストランでメニューとして扱われていた食べ物さえも嫌いになり、似たような飲食店はしばらく経った現在も行くことができません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事に就いた当初、大好きだった店が嫌いになってしまいました。自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと願い、それを実現させることは悪いことではありません。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、冷静に問いただした上で行動するべきです。

タイトルとURLをコピーしました