転職を成功させるための採用面接でのよく思い違いがあるので…

転職の際に必須となる面接でよく思い違いがあるのです・・

転職候補となる会社の面接に関して、してはいけないのは良い印象を与えたいと過度に猫かぶりをすることです。すると正直なところ逆効果になります。ですから、例に挙げるならば面接時は、「休暇」など、通常なら触れにくい内容を勇気を持って率直に訊いておくと、結果的に自分のためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「入社前の段階でそのような質問をすることで面接で採用されないのではないか」と気になるかもしれません。けれども、意外と良い印象を持ってもらえることは最終的にはいい場合が多いようです。こうしたお金や労働環境に対する内容は、仕事をするとなれば、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。とはいえ、面接の場でははっきりと聞けないものです。なので、あえて尋ねておくことで「ほかの人とは違うな」と面接官に印象づけられるのです。

仕事を変えた場合には、高確率で前の仕事は大方の出来事は美化されます。

仕事を変えた際には、だいたいの場合はそれまでの会社の仕事は出来事は美化されます。実際のところ現在の職に問題があるから、そういった思いをどうにかするために、せっかく転職したはずなのに、時の流れとともに転職した会社よりも「前の仕事のほうがよかった」と思うことが増えてきます。というのも自然なことで、前の職場では仕事をこなすことに慣れきっていて今よりもすんなりと毎日の仕事もしていたのも理由にあるはずです。でも、「やっぱり退職なんてしなけりゃよかった」と本気で悔やむほど、前職の方が職場の雰囲気や全体的な待遇が良いケースもあります。

就職活動を年収抜きに考えることは不可能です。

就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。面接の時、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄な努力でしょう。最終的には源泉徴収を提出することになるので、もし一時的に騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソはバレてしまうからです。ときにはトラブルになることもあるので、現在の年収を正確に伝え、それに見合った希望年収を設定することです。現在の年収が400万円の方が、急に年収500万になるようなことはほぼあり得ません。年収が400万なのであれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが間違いがありません。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなって、せっかく入社した会社を退職せざるを得なくなるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。

日本には「石の上にも三年」という教訓があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。「転職」を経験する人が増え、とても身近なものになってきました。しかし、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、やたらと職を変えようとするのはキケンです。転職を検討する際は、まずは良いタイミングを図る必要があります。必ずや現在の職場、や自分の置かれている立場などについて、納得できない点を箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は書き出してみてください。こうすることによって、再就職を決断することです、そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、躊躇することなく、よりキャリアアップできるように、努力していきましょう。

今から転職活動を考えているのなら、今現在の職場での納得いかない部分・・

今からでも転職することを予定しているのなら、今の職場・業務の何に不満があるのかをハッキリとさせておきましょう。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。もともと不満な点が大きいから転職したい、と考えるのは分かります。が、「しっかりと現在ある仕事の客観的に考えた不満なことを明確化する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗を防げます。そして、転職を叶えたとしたら、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確化してみましょう。転職できたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。こうした整理をする事で、転職後のモチベーションの低下を防ぐことができると思います。

転職のための活動中はとにかく、最初に必ず心のうちが急が・・

転職をするための活動を成功させるには、まずとにかくあなたの心がスッキリしているということを忘れないようにしたいものです。会社で働きながら転職活動される場合は、あんまり気にしなくても良いですが、退職をした後にする際には、かなり心が焦ってしまいます。ですので、気持ちを抑えつつ、活動することを忘れないようにしましょう。自分がやってみたい仕事や、思い描く理想の職場などを明瞭にしてみましょう。そして、候補に挙げている職場と比較してみて、それらが合致しているか、しっかり、冷静に確かめてみましょう。しっかり考えることで良い転職先が見つかりやすくなります。

仮にあなたが再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」といった形…

もしもあなたが再就職をする場合、「Uターン」「Jターン」など、都市部から地方に引っ越したうえで再就職したいと興味を持っている人も、実践している人も増えています。この頃は転職サイトを使えば、郊外や地方での求人情報にもいつでも閲覧できるようになりました。ただし、地方や郊外での求人情報は、大都会ような選択肢がないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。といった性質上の問題があるので、求人情報サイトを活用するのは当然ですが、求人サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトも見逃さずに確認しておきましょう。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する転職サポートに関する情報も確認しておくとよいでしょう。

このところ私は派遣会社に登録しています。

派遣で働いています。サイトで気の向くままに自分に向いていそうな仕事を見つけ出して確認してみると「そのお仕事はすでに別の方の採用が内定しています」とお断りされて瞬間的にウェブサイト上から仕事の情報がなくなってしまうのですが、どういうわけか翌日にそのページを見るとまた情報が掲載されています。これって要するに私ではダメって意味ですよね。そういうことであれば初めから変に隠さない程度に正直に伝えてほしいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。そうでなければもしかして偽の仕事なのでしょうか?

現在の職場・仕事内容についてほとんどの人は不満を感じていると思います。

今の職場や仕事内容に対して、大半の人は少なからず不満を感じていると思います。「自身のスキルや能力を正当に評価してくれない」したがって、「報酬のアップも、出世する可能性も見いだせない」といった不満を挙げる人がかなりいると思います。でも、気持ちは理解できます。しかし、そんな人の中には本人が自分自身の本来の才能を過大評価している場合が多いものです。もしも、そのような過大評価しがちな人が転職活動をすると、「自分が活躍するための企業や職種がない」と無駄にブランク期間ができるおそれがあるので、要注意です。という事態を招きかねません。再就職に当たってはあなた自身のスキルや能力を冷静に客観視することから始めてみましょう。

再就職時の面接では、小規模業者クラスの場合大体が人事担当者になりますが・・

再就職の際の面接では、小企業だったら概ねその社内の「人事」担当が面接官ですが、別の場合もあります。具体的には、これから仕事を一緒にしていく現場の責任者、わかりやすく言うと部長や課長などが面接を担当することも少なくありません。とくに事務・営業に転職する場合は資格での人を判断するのがむずかしいので、きちっと自分を売り込んでいく事で良い印象を与えることができます。面接担当者から「この候補者はしっかり主張するし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、記憶に残すことがとても大事です。

タイトルとURLをコピーしました