近い将来、労働力という観点において着々と思考を必要としない仕・・

私たちの社会的環境において、この先より一層考えなくてもできる作業は…

近い将来、ますます思考を必要としない労働は機械に変えられて最終的には労働人口はどうしても削減させられてしまいます。というのも、考えなくてもできる仕事は人間以上に機械を稼働させたほうが比べられないほど分があるからです。例えば、数を数えたり同じ作業を延々と反復したりすることは機械なら何の苦もありません。もちろん人と違って不満を言わないし、疲れ知らず、不正行為をすることもないし、正確に作業してくれますし、均一にこなせます。さらに、給与が発生しないのも違いですね。なので、人間を使う意味が到底無いため、機械に移行していくのも無理はありません。

転職活動をする上での最後の難問として、今勤務している企業からの退職があげられます。

転職活動をする際の最後に残る厄介な問題として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の企業がOKしても、現在勤務している企業があなたを手放したくないとして慰留することも珍しくありません。そうなった場合、何があっても退職する、という強固な気持ちを保つことが大事です。もしも引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社には、そんなに長居はできないはずです。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を用意します。そうして、決定権を持つ上司と直接、話し合い、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と(毅然とした態度で)伝えましょう。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動において重要な要素になってきます。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合・・

求人関連の情報では、とうぜん大部分の株式会社では月の収入の記載に目が行きますよね。だけれどもこの月収の項目をチェックする時には、注意して確認する事が大切です。その値だけでわかってしまわないほうが無難です。実は案件によっては、月収の額の中身に「毎月30時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。つまり残業代の金額を入れて好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも考えられるのです。そのほか、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている会社もあったります。そうやって可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社はスルーしておくのが無難といえます。

今あるスキルや資格が有利にはたらくように転職をしていく場・・

自身のスキルを有効活用しながら、再就職を検討しているなら、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界と比較的、再就職が難しい業界がある事を大まかに知っておきましょう。転職の難易度が低めの業界では、たえず人手不足に陥ってる「医療・介護」がその最たる例です。医療や介護の業種ではそれぞれ看護師・介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。こうした業界で働く人が、仕事のきつさから、他業界に再就職したいと思っているなら、要注意です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、流動性は決して高くはないのです。なので、簡単に考えない事が必要です。異業種への転職をされるのであれば、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけましょう。

転職の時の面接で着るスーツの色味は、新卒の就活の時に身に付ける色が…

仕事の面接で着るスーツの色合いは、新卒の就職活動の際に身に付けるカラーが暗黙の了解となっています。つまり、黒系や紺系といった感じのような暗めの色合い、ということになります。それは転職の場面においても、ビジネススーツの色は新卒の就活の時のようなダークカラーが大方を占め黒色や紺色以外の色の人はあまり見ることはありません。あえて言うならば、たまにグレー系を着ている人がいるくらいで、全体的な割合をみても紺色や黒色が圧倒的に多いのです。ですから、面接を行う採用担当の人もそのような色であるほうが普通に感じます。ですから、第一印象という面では推奨したいわけです。

もしあなたが転職したいと考えているなら、資格を取るのがおすすめです。

もし転職するのなら、考えておいて損をしないのが資格の取得です。とくに、転職活動を始める前の段階で、資格取得をしておくと、転職でそれを生かせることができるので、新たな分野に挑戦することも可能になります。というワケで、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が資格取得においての一番良いタイミングといえます。あなたが将来を考え、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、現在の職を辞めた後も前向きな姿勢で転職に挑むことができます。そればかりでなく、資格を保有することで転職先の面接で面接担当者に戦力として使えるとみなされ、これまでより待遇が良くなる可能性が高くなります。

『今すぐ転職をしたい!』という願望があって、その意志が本当に強いものであるなら・・

『今すぐ転職をしたい』とおもっている方、自身の意志が本当に強いものであるなら、速やかに自分の上司にその旨を伝えましょう。このときに相談という形を取ると、場合によって必ず言いくるめられます。また、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、手を変え人を変え、最終的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞職することをはじめて直属の上司に相談したのが年度末だったのに、結果的には数ヶ月延びて退職届けを出せたのは同年の11月です。予定では、年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、大変驚きました。やっぱり人事の采配等もありますでしょうが、スタッフの希望を聞かずに、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、心底信頼はなくなりました。

転職期間中は、趣味に打ち込むほか、体力を損なわない様にす・・

転職先を探している期間中は、自分の好きなことに時間を使ったり、体力を損なわない様にするとベストです。いざ仕事復帰した時に、趣味に夢中になっていたおかげで知らない間に集中する力が高まっているのです。また体力づくりも同時にできているため、他の社員と比較するとスタミナがあると認識します。というワケで、退職したら好きなことに没頭することと、体力をアップさせる努力をしておいて損することはありません。仕事が決まり、その職場にて共通の趣味の方と巡り会えれば、すぐに仲良くなれます。ですから、興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

転職を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。

退職と転職を度々しないための打開策が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、メンタル面で成長できれば、そう簡単に転職を繰り返しません。インターネットでなんでも見られる現在では精神面を強くするための自己啓発系の情報はたくさんあります。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは全然違う行動でも、精神面を鍛えることが可能です。たとえばズバリ「海外に行くこと」です。海外に旅行に行くと文化も言葉も日本のそれとは全く異なるので、刺激をたくさん受けることができます。ですから、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。帰国してみると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。その気持ちを携え面接に行けば、これまでとは比べようがないほどに自信満々に自己アピールができるはずです。でも、退職後しばらくの間は精神的にまいっている人も多いのでよく休むようにしましょう。

勤務していた会社でつらく当たる上司に困惑してしまい・・

就職した会社で怒りっぽい上司に悩みを抱え、ついには仕事をする気力がなくなってその会社を辞め、同業である他の会社に職を変えました。上との関係も良好で勤務することができ非常に満足のいく日々でしたが、時が経つにつれて会社の業績が悪化し、ある会社に経営統合されることになりました。そしてその統合した先の会社が驚くなかれ以前働いていた会社で、それどころか大嫌いだった上司が再び私の上司となることになりました。いったいこれはどれほど縁があるのでしょう。当然また転職活動を始めるつもりです。

タイトルとURLをコピーしました